会長方針 | 広島城南ロータリークラブ

会長方針

会長 古江暢敏

会長 古江 暢敏


“新たなスタート【原点回帰】”

 昨年から新型コロナウィルスが猛威を振るい、当クラブも休会等の活動自粛をせざるを得ない状況となり、今もってまだまだ予断を許さない状況は変わりません。
 しかし、ワクチン接種の開始など良いニュースもあり、徐々に収束に向かうことを期待しつつ、経済も上向きに変わることを願っています。
 このような混沌とした状況ではありますが、我々広島城南ロータリークラブが立ち止まるわけにはいきません。
 まさに今、何が必要とされているのか、何をすればいいのか、今一度足下を見つめ直し、新たな気持ちで、広島城南ロータリークラブの活動に携わる必要があると思います。
 会長方針・活動テーマを「新たなスタート【原点回帰】」と定め、皆様とともに次のような重点課題に取り組んでまいりたいと思います。

<会員増強> 【each one, bring one 】(みんなが一人を入会させよう)
 シェカール・メータRI会長も言われているように、会員一人が一人ずつ入会者を紹介し、会員増強につとめましょう。
 コロナ禍の中で新会員を勧誘することは大変だと思います。だからこそ仲間を増やす意義を皆で考えていきましょう。

<奉仕活動>
 地域に密着した有意義な奉仕活動を考え実行しましょう。

<親睦活動>
 より一層会員間の絆を深めていきましょう。
 そしてすべての活動を楽しみましょう。

 最後に、世の中が新型コロナウィルスの影響で戦時中のような世界情勢(緊急事態宣言等)となり、時代の大きな転換期を迎えていると思います。その中で、我々広島城南ロータリークラブは、「新たなスタート【原点回帰】」を活動テーマとして、ロータリー活動を通じて自分自身を高め、変化を恐れず、前向きに突き進む力を信じ、これからの当クラブや会員各自の3年・5年・10年後を見据え、成長していける活動を行いたいと思います。